美容外科でも人気のある施術方法┃目元の印象を変える

レディ

技術のある医師

医者と患者

福岡にある美容外科で、二重まぶたになるための整形施術を受けたが結果に納得がいかない人や、トラブルが起きた人はもう一度再手術をしてもらうか、修正をして欲しいと思うでしょう。そういった場合に、福岡の美容外科でどんな対応を取ってもらうことができるのか、どういった問題なら再手術を受けることができるのか紹介します。例えば、二重幅を広げる施術をしたら不自然な仕上がりになってしまったため、自然な印象になるように修正して欲しいと思っている人も少なくありません。そういった場合は、最初に行なった施術方法に合わせて再手術ができるかどうか、どんな施術方法で再手術をするべきか医師が判断していきます。埋没法で二重幅を大きくした場合、すでに埋め込まれている糸を抜糸します。抜糸した後は、縫われていた穴を避けながら再度縫い付けていく範囲を決め新しい二重幅を作っていきます。目頭切開法で目元の印象を変えつつ二重まぶたの大きさを変えた場合は、もう一度切開して余分皮膚を取り除くことで二重幅を調整していきます。しかし、どの方法も再手術や修正を繰り替えしていくと、目元に負担を与えすぎてしまい別のトラブルを招く原因になる可能性もあります。そのため再手術や修正を考えている人は、施術の依頼をする医師にきちんと今までの施術回数や方法を伝えるようにしましょう。二重まぶたの再手術や修正は、最初に受けた美容外科以外でも依頼することができます。同じ美容外科に行くことに不安や抵抗を感じている人は、福岡にある別の美容外科を探して施術の依頼をしてみましょう。そうすることで、また新し施術方法を紹介してもらうことができる場合もありますし、技術力の高い医師に頼むことができれば、結果に満足することもできます。福岡の美容外科に限らず、全国にある美容外科で施術の依頼をすることもできます。再手術や修正に関する知識や技術が高い美容外科を口コミサイトや美容外科の情報が掲載されているサイトを参考にして探してみるのも良い方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加